闇に歌えば Singin' In The Dark

アクセスカウンタ

zoom RSS '08-018 『いつか眠りにつくまえに』

<<   作成日時 : 2008/02/24 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若き日の恋愛は“過ち”なのか?
死の間際まで忘れられない恋なんて素晴らしい事じゃないのか
「運命の人」と出逢える事はあっても、その人が伴侶になるとは
限らないことの空しさ
あちきに人生があるように、両親にも人生があるのだ
時にはその言葉に耳を傾けてみるのもいいかもね
とても姉思いのように見えるバディなんだが、実は姉に自分の姿を
照らし合わせていたのかもしれない
アンを好きな事も告げられず、他の女性と結婚してしまうであろう
未来の自分の姿を・・・
ぶっちゃけ、あんな酔っ払いに告白されてもOK出来ないわな(笑)
人生は後悔の繰り返しだろう
でも、そこに過ちはないのだとこの作品では言っている
30そこそこで恋愛経験も皆無なあちきには、この映画の本当の
良さは解らないんだろう
きっと年金生活を送るような頃に観ると凄く共感できるのかも
しれないな
ラストになり、疎遠になっていたライラが訪ねて来る
もうこのシーンに為に今迄があったと言っても過言ではない
それくらい重みがあるライラとアン、そしてニナとのやりとり

赤毛のクレア・ディケンズには今ひとつ馴染めないんだが、
好い歌声してましたね(^^♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
'08-018 『いつか眠りにつくまえに』 闇に歌えば Singin' In The Dark/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる