闇に歌えば Singin' In The Dark

アクセスカウンタ

zoom RSS '07-083 『インベージョン』

<<   作成日時 : 2007/10/21 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

斬新な映像があるわけでもなく、見た事もない宇宙生命体が
登場するわけでもない
外見は変わることなく、記憶もそのまま、だけれども人格は統一された
意志により感情が無くなっていく人類
それはまるで蟻や蜂といった群体の状況に似ている
主人公達を追いかけて来る姿はさながらゾンビ映画のようだ
知的生命体の語る理念は正当なものだ
事実、世界から紛争が無くなろうとしていた
しかし、彼らは人類と共存するつもりはない
彼らと同化できない者は排除するのだから・・・
「感情こそが人間の本能であり、人間そのものである。
感情があるからこそ、世界には暴力が溢れていて、戦争はやまない。」
劇中でロシアの外交官がそんな事を語る
世界から争いが無くなると人類は人間性を保てるのか
結構重いテーマが語られている
知的生命体の脅威が去ると世界には再び争いが溢れ出すのが
とても皮肉なラストだ

知的生命体が人体に侵食するためには彼らの細胞を体内に
取り込ませないといけないわけだ
そこで彼らがとった手段が飲料に細胞を混ぜて飲ませる
というものなのだが・・・
コーヒーポットとかに細胞を吐いて入れるんですよ(^_^;)
そんな物を飲まされると思っただけで(T_T)
場合によっては顔面に吐きつけられますからね・・・
ある意味、今までの中で一番嫌な侵略方法かも

それにしてもニコール・キッドマンは美しい
息子を守るため躊躇いもなく元夫ですら殺していく姿は、凛々しくもあり、
人間の怖さでもある

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インベージョン
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2007/10/23 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど・・・。
すごく簡潔で的を得ている記事だと思いました。最近、稚羽矢さの記事のテイストが変わってきているような気がするのは気のせいでしょうか?

そっか・・・この作品が伝えたかったのはあらゆる皮肉をこめた人間の怖さだったのかもしれませんね。

・・・にしても、あのゲロゲロ攻撃はすごくイヤ!!
睦月
2007/10/23 09:56
睦月さん、コメントありがとうございます
仕事が忙しくてのんびり記事を書けないからですかねぇ(^_^;)

あんな攻撃するゾンビ映画が昔あったような・・・
稚羽矢
2007/10/23 18:03
こんばんわ!お邪魔します☆
私は昨日見てきたばかりです!
ほんと、予想もしていなかった重いテーマを持った作品で!ちょっと、いやかなり見ていて驚かされました(>_<)!!
マキサ
2007/10/25 20:01
マサキさん、コメントありがとうございます
あんな重いテーマがあるとは想定外でしたね
稚羽矢
2007/10/27 10:00
'07-083 『インベージョン』 闇に歌えば Singin' In The Dark/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる