闇に歌えば Singin' In The Dark

アクセスカウンタ

zoom RSS '07-035 『バベル』

<<   作成日時 : 2007/04/30 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

とりあえず難しい作品だ なんというか闇鍋みたいだ
えー、こんな物まで入っているの、て感じ(^_^;)
モロッコ、日本、メキシコの四つの物語で展開されていくわけだが、
最後に全てがリンクする というわけでもなく・・・
なにより時間軸がグチャグチャである もうそれだけで混乱するよ
正直消化不良としかいいようがない
年に数本観てしまう「後味の悪い作品」である
だが、それは当然なのだ この映画の根幹にあるのは絶望なのだから
言葉の壁も、国境の壁も、文化の壁も、乗り越える事はできないよ
「人は分かり合える」なんて、やっぱり綺麗事でしかないと思うよ
同じ日本人同士でさえ分かり合えないんだから
分かり合えたと思う瞬間もあるかもしれないけれど、それってきっと錯覚だよ

さて、最大の消化不良はチエコの手紙
「物語において登場した手紙の内容は明かされなければならない」
これは鉄則じゃないんですか?

ぶっちゃけ日本のシーンって必要でしたか?
確かに「人は自分と違う存在を受け入れる事が出来ない」という
嫌な面が浮き彫りにされていましたけれど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バベル(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 壁を越え、繋げよ・・・その心  ...続きを見る
カリスマ映画論
2007/05/07 01:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
'07-035 『バベル』 闇に歌えば Singin' In The Dark/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる