闇に歌えば Singin' In The Dark

アクセスカウンタ

zoom RSS '06-085 『記憶の棘』

<<   作成日時 : 2006/10/17 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

10年前に他界した夫が忘れられないアナ
根気強くプロポーズを続けるジョゼフの熱意に負け結婚を決意する
ある日、母親の誕生日パーティーに自分はアナの死んだ夫ショーンの
生まれ変わりだと名乗る少年ショーンが現れる
最初は悪戯だと思っていたアナ達だが、ショーンが亡くなった場所を
正確に知っていたり、アナとショーンしか知らないことを知っている少年
やがてアナは少年がショーンの生まれ変わりであると信じ、
駆け落ちを決意するのだが・・・

「想い」というのは良くも悪くも人を縛るということだ
ただ別れただけなら何かのきっかけでまた縁が戻ることもあるだろう
でも死別はどんなに望んでも想い人が戻ることはない
それ故に残された者には呪縛となってしまうのだろう

結局アナがショーンを忘れ去る日は来ないだろうし、ジョゼフもそれを
痛烈に見せ付けられる結果となった
アナは見苦しいまでの言い訳でジョゼフとの復縁を望み、ジョゼフもそれを
受け入れたわけだが、長くは続かないのではなかろうか
父に連れられ通うマンションに住む美しい未亡人、恋心を抱いても
可笑しくはない(いわゆる「めぞん一刻状態」だわな)
そこへ亡き夫のラブレターを発見するわけだ
夫の想いと少年の想いがシンクロしたわけだ、そして自分は生まれ変われだと
思い込むようになったと・・・
少年ショーンの想いはどこまでが演技で本心だったのか?

※輪廻転生を絡めたラブストーリーというと『バンジージャンプする』が
思い浮かぶ
こちらは死んだ彼女の生まれ変わりが男性で、しかも教え子でと
同性愛まで追加され、最後は一緒に生まれ変わるため心中してしまう
かなり暗いラストなわけだが(^_^;)

今作では二コール・キッドマンが今迄にないほどショートカットなんだが
・・・違和感がありまくる 何度も二コールに見えないことがあった
単にあちきがショートカットの女性を受け入れられないだけかもしれないが(^^ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真・映画日記『記憶の棘』
9月26日(火) ...続きを見る
CHEAP THRILL
2006/10/20 18:28
記憶の棘
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/10/29 02:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
'06-085 『記憶の棘』 闇に歌えば Singin' In The Dark/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる